どのようなバンパーの傷直しもできるカーショップ探しのコツ

バンパー 傷

バンパーという単語を、聞いた事はありますね。それを聞いて想像するのは、自動車ではないでしょうか。現在の車には必ずついている部品になります。今回はそのバンパーの役割と傷がついたときの対処法などについてお話ししていきます。バンパーという部品は聞いた事があるけど、具体的にどのパーツなのか知らない人もいるのではないでしょうか。バンパーはヘッドライトとフロントグリル、その下にある部分です。フロントの、少し前に飛び出ている部分と言えば、わかりやすいでしょうか。リア側は、テールランプとトランク、その下についています。こちらも少し飛び出しているので、わかりやすいかと思います。デザインは自動車によっても変わってきます。さて、バンパーがどの部分かわかったところで、その役割についてご紹介していきましょう。

バンパーの役割についてご紹介します

バンパーの役割はいわば緩衝装置です。例えば、自動車を運転していて何処かにぶつかってしまった場合など、その衝撃を和らげるためにあります。エンジンや車体を保護するのはもちろん、乗っているドライバーや同乗者をも保護する役割を担っています。また、人とぶつかってしまった場合にも、その衝撃を和らげてくれます。元々は、バックで車庫に入れようとした時にちょっとぶつけてしまったなど、軽くぶつけた際の緩衝を目的として設けられました。その素材は元々のスチール製から、今はもっと衝撃を吸収・緩和してくれる物へと進化しています。それ故に、エンジンやドライバーの保護も役割として担う様になってきたのです。素材の変化に伴い、デザインも美しく変化してきました。その為、バンパーに傷がつくと気にする人が増えてきている様です。

傷のついたバンパーはどうするべきか

海外では、バンパーに傷がつくのは当たり前とされており、多少の傷がついていても気にしない人が多い傾向にあります。しかし日本では少しの傷も気にする人が多いです。それはきっと、見た目も美しくデザインされている自動車が多く、そのデザインを損なう事がマイナスとされる傾向にあるからでしょう。では、バンパーが傷ついた時、どうやって対応すればいいでしょうか。長く自動車を運転していても、車庫入れの時など、ちょっとした傷をつけてしまう事、ありますよね。そういった軽い傷であれば、自分で直す事も可能です。費用が軽くてすみますが、自動車弄りが好きな人や手間を惜しまない人以外は、業者に任せてしまう方が綺麗に仕上がります。業者に任せる場合は見積もりをだしてもらって実績のきちんとある所に頼みましょう。