バンパーの役割を知れば傷がついた時の処置方法も分かる

バンパー 傷

普段車に乗っていても、あまり意識することのないバンパーですが、一体どのような目的を持って存在しているパーツなのか、特に気にしている人は少ないようです。バンパーとは、車が何かに衝突した際に衝撃や傷をやわらげる役目を担っている緩衛装着です。素材自体が持つ弾力性や、衝撃を吸収しやすい構造によって、車体、ドライバーや同乗者、車とぶつかってしまった歩行者などの衝撃をできる限り軽減することを目的としています。バンパーがもし破損しても、走行することはできます。最近の車は、車自体が衝撃に強くなっている上、エアバッグなども装備されていて、総合的に見ても被害を抑える機能が多数搭載されているため、バンパー単体の緩衛装置としての機能は低下しているという見方もありますが、役割や本体に対する重要性は変わりません。

バンパーの役目と傷がついたときの対処方法

車体の前後に取り付けられているバンパーですが、前方についているものはフロントバンパー、後方についているものはリアバンパーといいます。フロントバンパーは車が前方からの衝撃を受けた際に、フロントに搭載されているエンジンなど様々な装置を守ってくれます。リアバンパーはバックした時の衝突や、後続車から追突されたときに車体や同乗者を守ります。では、バンパーに擦り傷や割れなどが生じた場合の対処についてです。本来自動車本体のダメージを緩和するためのバンパーは、表面を擦ってしまったぐらいであれば、バンパーを着脱しないで直せることもあります。頻繁に傷の付きやすいパーツであるバンパーですが、バンパーの材質や素材によってなど、また傷がどの程度まで進んでいるかによっても対処の方法は様々です。

バンパーの役割を知って傷の対処方法も知ろう

自動車が避けられない衝突を真っ先に受ける部分として緩衛の役割を担うバンパーですが、バンパーの素材は昔からある程度衝撃に耐えられるといった条件に合ったものが使われてきました。鉄製のものが使用されていた時代もありましたが、歩行者などに与えるダメージが大きいなどとして、樹脂製のものが主流となり、さらに近年は成形しやすいという点などから、ポリプロピレン製のものが主流となっています。バンパーは部品の中でも変化の大きい部分だということができます。車の表面はクリア層とその下のカラー塗装、ボディ部分のサビ止めとして機能する下地層から構成されています。バンパーの傷の状態をよく確認しましょう。必要なら修理工場などで見てもらってもいいでしょう。修理・補修方法や費用の概算が見えてきます。